検索
  • yushuu

「臨書」は楽しい🎵その2

私がまだ書を始めた頃、泣かされたお手本が「鄭道昭(ていどうしょう)」です。


藤根凱風先生に相談しても、「避けては通れない(必須の)書だ」とだけ。


彼の書の中に「岸壁の書」とでもよべる書があります。


岸壁の母ではありません😁 岸壁の「書」です!


正確には岸壁ではなく、「磨崖(まがい)の書」。


磨崖というのは、文字を刻みつけるために磨かれた…


というかゴツゴツした山の斜面を少しでも平らにしてから


鄭道昭がとても苦労して(脚立なんかも使って?)字を刻みつけた。らしい…

実際に、鄭道昭が刻んだのが上の写真のような場所(雲峰山)なんですが…


「どうして紙に書いてくれないんだ?鄭道昭さん!蔡倫が中国で紙を発明してもう350年も経ってるんだから、なんでわざわざ磨崖になんて…」と愚痴りたくもなる。


いくら磨いても上の写真のように表面はゴツゴツしているので、刻まれた字は…

う~ん、どうやって筆を入れて、どうやって曲げて、どうやってハネて???


わからない。さらに風化しているので、これをそのまま写実的に書くわけにはいかない。


私が写実的に書くと、ほんとに下手な書にしかならない。悲しい😢


そこで前回のアドバイス「臨書は解釈だ」が生きてくるわけです。


解釈するために、「鄭道昭さんが、どんな人物で、どんな人生をおくっていたか」や


鄭道昭のもう一つの磨崖の書「論経書詩(ろんけいしょし)」を調べたりするわけです。


そうすると、とても面白い事実がわかってくるんです。やっぱり臨書は楽しい


この書を勉強していたときに、加賀一石先生から言われた一言が重かった(>_<)


最後は線質だなぁ」って、笑いながら言われました。全否定?!(笑)


私の鄭道昭の臨書は拙すぎるので、


清池会江別支部メンバーの北嶋蕙香さんの臨書を載せます。


上の写真の字を、見事に生き生きと現代に蘇らせていますよね。「やっぱり線質か…」







113回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

感謝